根っから大きくなかったバストがお産でもう一度小さくなってしまったのでいろいろ調べてみました

レディースとして産まれたからには、やっぱり出で立ちが綺麗でいたいものです。

エレガントが無理も、素晴らしい表情や人並みの出で立ちにはなりたい。

私の苦しみは正しく’瞳’

一重で狭い瞳なのです。

ダディーならば、切れ長で白々しい瞳がカッコイイ…!となる可能性もありますが、レディースだと減算しかなりません。

細長い瞳だと可愛らしい・エレガントからは大幅に遠ざかってしまいます。

もしも瞳が狭くても、鼻や口、アウトラインなどの中味がまともならまったく賢明なのですが、私の場合は他もたおやかでして。

それで非附着品種の双方雑貨を使い二重にしている。

昔は附着品種によっていましたが、瞳が半目になるわ、伏し目にした場合ずいぶん異常というサイテーな始末でした。

けれどもこういう非附着品種ならまばたきも敢然と適い、伏し目も怖くありません。

ただ、生来製品の双方と比べると当然瞼に何か塗ってるな。という感じになってしまう。

そうして、丁寧に落とさないと瞼に不安もかかります。

ちょっと濡れたくらいではめくれない程頑強ですからね。

かと言って、瞼に容易い製品だとかしこく二重になりません。

瞼に容易いといった二重になる。は共存出来ないようです。

毎朝メーキャップの度に二重にしていますが、フランク面倒なお天道様や瞼が荒れて辛いお天道様もあります。

そんな時は根っから二重の自分が羨ましく感じます。

早朝の忙しない歳月、二重にする厄介が省けますし、双方雑貨料金もかかりません。

簡単に出来る耳より整形もありますが、耳よりとは言え整形なので簡単には踏み出せません。

次回、一重のありのままの自身を割り切れるお天道様は来るのでしょうか。モモンヌケアの口コミ体験談

虫のことを完全に宇宙個人だと思ってた

今しがたどうしても恐ろしいイベントがありました。

私の次女は不眠なので一度布団に入っても再度睡眠薬を飲み込む為に起きて来るが、次女が起きて来てリビングに来た途端、何かを踏んだのだ。

そうしたらそれが少し大きめの虫でした!

毛虫かなと思ったのですが、毛虫ではなく、よく分からない虫でした。

茶色い虫で、ゴキブリともまた違う感じの謎の生き物というインプレッションでした。

こちらは不快ので早く潰してほしいと思ったのですが、次女がずっと虫の表情を見ていらっしゃる。

「殺しちゃうなんて無残だよ」とか、「これってはたして虫かな?宇宙者じゃないのかな?」とか言う。

何だか此処数年の次女はあまりに虫に優しいだ。

ゴキブリとかも駆逐してしまうと「かわいそう」というんです。

只その虫は潰しましたが、「TVで見たみたいに、宇宙人の仕返しが欠けるかな」とまで言っていました。

薬のせいなのか、完全に虫のことを宇宙者だと思っていたみたいで呆れてしまいました。ダイエットしても胸は残して痩せる